ペット税 ペット王国と野生動物



スポンサード リンク

2008年12月28日

ペット税

ペット税とは、犬や猫などの飼い主に対する課税で、
ペットを購入する際に、一定額の税金を
全国一律で課すことを想定した税金です。

近年、ペットの飼い主が「飼うのに飽きた」などといった
安易な理由で、ペットを捨てるケースが増えており、
2006年度末時点で全国の自治体に引き取られた
約37万4000匹の91%が殺処分され、
社会問題化しているとのこと。

こういった処分も、ペットとは関係無い人たちの
税金が使われているわけで、
ペット購入時にペット税を納め、ペット税から、
ペットを捨てるケースを減らす対策の為に、
使ってもらうことは良いことだと思います。

具体的には、ペット税の税収は、
1)ペットと飼い主の特定につながる鑑札や体内埋蔵型マイクロチップの普及
2)自治体が運営する動物収容施設の収容期間を延長するための運営費
3)マナー向上の啓発運動費用
など。

悲しいけど、モラルは金で守らせるしか無いです。
アメリカの場合、ハンディキャップの駐車場に一般の車が停めると、
すごい罰金を取られます。
だから、一般の車がハンディキャップの駐車場に停める事は、
まず、ありません。

ペットについても、
ペット購入者の責任において、ペット税を払って、
モラルを持って、大人の対応をして欲しいと思います。

ペット税が、少しでも、
安易なペット購入の抑制になると良いですね。



『無責任な飼い主減らせ、自民議連が「ペット税」導入論』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081227-00000061-yom-pol
posted by ペット王国 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ペットニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111844121

この記事へのトラックバック


スポンサード リンク






スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。